経営見える化実践塾

 

Facebook

社長夫人革新講座Facebook

経営見える化実践塾Facebook

ホーム > 第2話 たった1%の粗利益率の改善で資金繰りがラクになった企業の実例

社長夫人革新講座

社長夫人は社内の“埋蔵金”を探せ!

 

第2話 たった1%の粗利益率の改善で資金繰りがラクになった企業の実例

以前、食品卸をしているある企業からご相談がありました。

「資金繰りが悪くて、どうしてよいか分からない!」と。

「資金繰りが悪い!」ということは、収益性が悪いということです。

ですから、収益性の改善に着眼しました。

この会社は、売上規模は34億円です。

1%の利益率を改善すれば・・・なんと34,000千円の利益が出ることになります。

たった1%で蘇るのです。

数字を拾い出しながら、「この会社は変わるな?」と確信しました。

では、どのように手順で進めたのか?

いろいろと仮説を立てました。

単純に商品の売価を1%上げればいいのですが・・・もちろん、営業は「値上げは無理だ!」と猛反対でした。

そこで次の案を提案しました。

わかりやすいように、「数字を1,000円という小さな数字に置き換え、その中からたった10円の利益を掘り起こす!」という内容で解説したのです。

1.売価を3円上げる。

2.仕入単価の交渉で5円下げる。

3.その他の経費で2円削減する。

この三つを提案すると、賛同を得られたのです。

営業も若手社員も大きな数字を伝えられてもピンときません。

だから、身近な数字に置き換えることがすごく大切で、現実味が増すのです。

その結果、半年で見事に資金回復に成功しました。

収益性の改善の基本である

1.売上単価を上げる。

2.原価を下げる。

3.経費を削減する。

基本を忠実に行えば、このように利益を生まれるのです。

これこそが・・・まさに“埋蔵金”の発掘なのです!

 

【社長夫人対象】社長夫人のための経営道場 社長夫人革新講座

5月開講

7月開講

9月開講

11月開講

 


株式会社アローフィールド決算書財務分析経営分析コンサルティング:株式会社アローフィールド
〒811-1365 福岡県福岡市南区皿山1-6-13